%e3%82%a2%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%88%ef%bc%92

現在借りている住居が賃貸アパートなどの場合には、引越しの際には敷金が戻ってくる可能性があります。敷金は部屋を修繕するために使用するお金であるため特に破損させた部分がないのであれば戻ってくる可能性は十分にあります。

しかし、畳間が幾つかある場合には畳の修繕にある程度のお金を使うことが最初から決められている場合があります。畳は年数と共に劣化してしまうので、特に焦げているような部分や、見た目がおかしい部分がなかったとしても張り替えることがお決まりとなっています。

真っ黄色の畳ではなく緑色の畳に入居したいと考える人は多いのです。その為、前の人の敷金を利用して新しく畳を張り替える不動産屋さんを多くあります。

その様な事があるため、畳間のあるアパートに住んでる場合には敷金は期待できないと考えるべきです。少なくとも様々な部分が劣化してきているはずなので、その部分の修繕費が請求されない分だけ良しとする必要があります。

特に老朽化が激しいアパートに住んでる場合には、そのまま次の入居者が入らずにアパートの取り壊しの予定になっている可能性もあります。そのような部分を確認して最終的に掃除が必要であるかどうか細かい部分まで相談する事も大事です。

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする