57049f9c3a47f08964e4feec879cee9b_s

大手の引越し業者の場合には、作業の段取り内容や作業の風景をホームページで公開しています。特に注目なのは大型の家具類を狭いうち階段から移動させずに、ベランダからスロープで下ろしていくという作業です。

少ない人数でスロープから下ろすことができるように、家具類には綺麗に梱包されてロープが巻かれます。そしてベランダから傷をつけないように綺麗におろし、そしてトラックに詰め込んでいきます。

このような段取りで作業していくと、狭い玄関口を回って内階段から家具類を下ろす必要がないので、家具が階段の壁などに接触して破損する可能性を大幅に減らすことができます。

ベランダからスロープで下ろす作業は準備が必要となるため、現場に入ったスタッフの人数が少ないとマイナスの時間となってしまう可能性があります。

しかし、大手の引越し業者の場合には必要な道具を大人数ですぐにセッティングするので、ベランダから家具を下ろすためのスロープがすぐに完成します。

そして、別のスタッフがタンスなどを下ろしやすい状態にロープで縛り、スピーディにベランダから下ろしていきます。何度も計算しているような熟練の技なので、このような引越しの状況を見ると、少しばかり高くても大手の業者を選んだ方が良いように思えてきます。

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする