» 2017 » 1月のブログ記事

引越しをするときにはスムーズに作業ができるかどうかを想定する事が大事です。作業のスピードが重要となる場合もありその両方を効率よくこなしていくためにどれだけのコストが必要であるかを考えます。

一般的には、大手の引越し業者に全ての作業を丸投げすると何もせずに作業を全部完了してもらいます。梱包作業なども依頼する事が可能となりますが、梱包については引越し業者に依頼せずとも自分で全部できる範囲になります。
7f91233cb04faaf130c1da07b73a767b_s
このあたりの時間とお金の関係を考えていくと、どのあたりまで引越し業者に依頼したら良いのか分かってきます。丸投げすると何十万円も請求されてしまうので、少なくとも割れ物の梱包作業であったり、衣類を段ボールに詰めるなどの作業は自前で完了させます。

そして、マイカーを所持しているのであれば自分の車でもある程度の道具を移動することが可能となるので、引越し業者に依頼するのは自分の車で移動できない部分だけを依頼します。

このように細かく仕事の中身を分けていけば、コストを大きく下げることができます。ある程度限定した引越であれば、大手の業者を利用しなくても良いかもしれないので、様々な引越し業者の見積もり価格を比較してより良い業者を選定します。

冷蔵庫の引越し料金について

57049f9c3a47f08964e4feec879cee9b_s

大手の引越し業者の場合には、作業の段取り内容や作業の風景をホームページで公開しています。特に注目なのは大型の家具類を狭いうち階段から移動させずに、ベランダからスロープで下ろしていくという作業です。

少ない人数でスロープから下ろすことができるように、家具類には綺麗に梱包されてロープが巻かれます。そしてベランダから傷をつけないように綺麗におろし、そしてトラックに詰め込んでいきます。

このような段取りで作業していくと、狭い玄関口を回って内階段から家具類を下ろす必要がないので、家具が階段の壁などに接触して破損する可能性を大幅に減らすことができます。

ベランダからスロープで下ろす作業は準備が必要となるため、現場に入ったスタッフの人数が少ないとマイナスの時間となってしまう可能性があります。

しかし、大手の引越し業者の場合には必要な道具を大人数ですぐにセッティングするので、ベランダから家具を下ろすためのスロープがすぐに完成します。

そして、別のスタッフがタンスなどを下ろしやすい状態にロープで縛り、スピーディにベランダから下ろしていきます。何度も計算しているような熟練の技なので、このような引越しの状況を見ると、少しばかり高くても大手の業者を選んだ方が良いように思えてきます。